はじめまして!このサイトの管理人『やなぎ』のプロフィールを紹介します!

やなぎ
やなぎ
はじめまして!やなぎです!
ぶぶれら
ぶぶれら
ぶ~!誰もやなぎーのプロフィールなんて知りたくないぶ~~!!
やなぎ
やなぎ
ちょっと黙っててね。

やなぎ誕生~小学校まで

誕生。赤ちゃん時代

1986年、神奈川県横浜市青葉区(当時は緑区)で誕生。

中小企業の役員である父と、主婦の母のやなぎ家に生まれました。姉が2人いて、末っ子長男として、甘やかされて育つ日々。

やなぎ
やなぎ
いや、髪の毛ふさふさの赤ちゃん時代だな!

当時は何故か広い庭のある家に住んでいて、庭にモグラがしょっちゅう出没していたそうです。

身の回りのことは基本、母親か、2人のお姉ちゃんがリアルぽぽちゃんの如くお世話してくれていました。自分でお姉ちゃん達大好きっ子で、どこに行くにもついて行くという可愛い赤ちゃん時代。

幼少期

お姉ちゃん達がカメラにお尻を向ければ、僕はオムツをカメラに向けるんです。

訓練された末っ子長男。

この頃から身体を動かすことが好きになり、広いお庭で毎日走り回っていたようです。

ゴルフをしたり、野球をしたり、サッカーをしたり。。

特にサッカーが好きだったようで、バスケットのマイケルジョーダンのように「ベロを出しながらドリブル」を3歳にしてマスター。神童と自分の中で評判でした。

ぶぶれら
ぶぶれら
いや、自分の中でかーい!

面白いことに目覚めた小学校時代

中央にいるのが若かりし頃のやなぎ少年。

小学校時代の6年間はサッカーチームに所属していました。ポジションは主にサイドバックかサイドハーフ。

今と変わらず華奢な体型だったのですが、足は速いほうでした。サイドを駆け上がる姿はまるで「横浜のカモシカ」であったと自分の中で話題になるほどでした。

ぶぶれら
ぶぶれら
いや、自分の中でかーい

この頃はいわゆるスクールカーストのトップ層に位置していたため、友達も多く、サッカー部の明るい面白キャラとして定着していました。

当時はミニ四駆、ビーダマン、ポケモンや遊戯王カードなどが流行っていて、自分も熱中する日々。

愛読書はおもちゃ情報満載のコロコロコミックと、コミックボンボン。

中でもボンボンで連載されていた「ヘロヘロくん」という漫画が強烈にシュールであり、自身の「面白い」と感じる部分に多大なる影響を与えました。

言葉では説明が難しいのですが、お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田さん的笑いを得意としていました。

中学時代~大学まで

少し暗くなった中学時代

中学校は地元の家から近い公立中学に入学しました。

部活はサッカー部へ入部。

サッカーで活躍をしてキラキラ青春時代を過ごすぞっ☆と意気込むのもつかの間。。

まさかのスタメン落ちで早々と人生の挫折を経験。

時を同じくしてスクールカースト上位層からも転落し、普通の学生生活を送る。

やなぎ
やなぎ
サッカーよりも卓球が面白かった。

サッカー部のレギュラー達と徐々に距離を置くようになり、サッカー部以外の連中とばかり遊んでいました。遊戯王カードに駄々はまりした青春時代。

ぶぶれら
ぶぶれら
ぶるーあいずほわいとどらごん!!

そして東京の私立高校へ